ビーリックについて

ビーリックについて
キリストが、わたしのうちに生きておられるのである。(ガラテヤ2章20節)
わたしにとっては、生きることはキリストであり、死ぬことは益である。
(ピリピ1章21節)
4月より次世代育成プロジェクトが発足しました。宣教局宣教研究室と信徒局青少年室が中心となって取り組んでいます。これまで、プロジェクトの土台となるミッション・ステートメント(働きの使命)とそれに対する取り組みを協議して来ました。
その結果、「B-L・I・C(ビーリック)プロジェクト」を提唱致します。
1.Baton touch(バトンタッチ)
このビーリックプロジェクトは、イベントを中心とした働きではありません。プロジェクトの使命は「内住のキリストのバトンタッチ」です。教団が受継いできた臨在信仰は、聖霊のバプテスマによる内住のキリストの恵みです。この素晴らしい恵みを次世代にしっかりと継承していく必要を強く覚えています。なぜなら、内住のキリストこそが、私たちを聖さへと導き、さらには宣教の動力となるからです。
2.Life(ライフ・命)
内住のキリストにある臨在信仰の恵みは変わりませんが、次世代にあったアプローチの必要性を感じます。キリストの命を生きる聖書的価値観を具体的に提示します。
3.Influence(インフルエンス・影響を与える)
今は、どの業界もネットワークの力を用いています。その影響力は想像を超えています。クリスチャン人口の少ない日本においてクリスチャン同士が繋がり、互いの交わり中で影響を与え合いながら歩むことは不可欠です。
内住のキリストの恵みに生きる者同士が互いに影響を与え合うなら、その相乗効果は日本宣教の前進になると確信しています。
4.Challenge(チャレンジ・取り組み)
キリストの体である教会が、いつの間にか形骸化し、聖書的でないことに力や財を注いで、疲れていないでしょうか?キリストの命が満ちた教会の本来の姿を一緒に考え、次世代がキリストの体として社会に貢献できる教会形成に取り組みます。
次世代とは、内住のキリストのバトンを受継いでもらう全ての世代のメンバーです。
今、教団は様々な課題を抱え新たなステージに向おうとしています。そのカギとなるのが、内住のキリストを次世代にバトンタッチするとこです。
「B-L・I・C(ビーリック)プロジェクト」のためにお祈りください。

ビーリックキャンプ聖句・テーマについて

 次世代育成ビーリック・プロジェクト長
                      飯田勝彦
ビーリックキャンプ聖句・テーマについて

主の聖名を賛美致します。
 次世代育成の働きのためにお祈りを感謝致します。
次世代育成のために30代を対象とした「ビーリックキャンプ」を実施致します。
プロジェクトチームでキャンプの聖句とテーマが以下のように決まりました。

 1)聖句について
  「わたしにとって生きることは、キリスト」
ピリピの信徒への手紙1章21節 前半
   
 2)テーマについて
   ①テーマ:「次世代行くぜぇ!ビーリックキャンプ。~キリストの命に輝こう!」
  
   ②テーマ説明:
「次世代という言葉にプレッシャーを感じている」という声が青年たちから上がっている、と耳にしています。それは、今日の教会の姿、クリスチャンである彼ら自身が直面している現実に対する、彼らの本心だと受け止めています。
次世代育成プロジェクトでは、青年たちに丸投げして、全てを背負わせるような事は考えていません。むしろ、「共に立ち上がろう!」と励まし合い、そして、彼ら自身が「自分たちは次の時代を担う世代なんだ」と、これを恵みとして自覚し、立ち上がることができるように共に歩みたいと願っています。
また、ビーリックの使命は、内住のキリストを明確にバトンタッチし、その命に生きることを具体化することです。すなわち「キリストの命」を生活の中でどのように生きるのかを青年たちと共に考えます。すでに輝いている青年たちが、キリストの命が具体化することで、さらに日常で輝く者とされることを信じ、上記のテーマとしました。
このキャンプがキリストの命にあって共に成長し、絆を深めときとなることを信じます。また、キャンプを通して恵みが全世代に広がって行くことを期待しています。

※「次世代行くぜぇ」は、「次世代育成」をもじった言葉です。

 3)講師は、外部講師は招聘せずプロジェクトチームの先生方で担当します。
キャンププログラムは、検討し提出致します。

最新情報

ビーリックプロジェクトがこれまでに主催したセミナーをアップロードしました。

画面の右側に並んでいる写真をクリックしていただくと講演ビデオがスタートします。

閲覧数が多い注目の情報7件